Loading...

在宅副業の新しいカタチ「TALENT」

TALENT会員利用規約

TALENT会員利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、「TALENT」(第1条第4号に定義)のサービス(以下、「本サービス」といいます。)の利用に関し、株式会社フルスピード(以下、「フルスピード」といいます。)と会員(同条第1号に定義)との関係および会員間の取引について規定するものです。

第1条(定義)
本規約において使用する用語を次の各号のとおり定義します
(1)会員
「会員」とは、本規約に同意した上、本サービスへの申込みを行いフルスピードより認められた者のことをいいます。
(2)依頼者
「依頼者」とは、本サービス上で業務をワーカーに依頼する立場にある会員のことをいいます。
(3)ワーカー
「ワーカー」とは、本サービス上で依頼者から業務を依頼され、業務を実行する立場にある会員のことをいいます。
(4)TALENT
「TALENT」とは、フルスピードが本サービスを提供するために運営するウェブサイト(http://www.talent-works.com)の名称です。
(5)本サービス
「本サービス」とは、フルスピードがTALENTにおいて会員間取引を成立させる場を提供し、会員間取引の早期かつ適切な実現を目的とするサービスをいいます。
(6)会員間取引
「会員間取引」とは、依頼者とワーカー間の取引のことをいいます。
(7)成果報酬
「成果報酬」とは、本サービスを利用することで発生する、依頼者からワーカーに支払われる報酬です。
(8)本契約
「本契約」とは、本規約を契約内容とするフルスピードと会員の間の契約をいい、次条に従って会員になろうとするものがフルスピードに対して会員になる旨の申込みを行い、フルスピードがこれを承認したときに成立するものとします。
第2条(申込みと承認)
1会員となろうとする者は、本規約に同意した上で、TALENTのフルスピード所定の申込みフォームに必要事項を明記して、フルスピードに対し、会員になる旨の申込みを行うものとします。
2会員となろうとする者は、前項の申込みに対してフルスピードが承認(書面、電子メール、その他適宜の方法で行われます。)したときに、会員の地位が付与されます。
3第1項の申込みを拒否したとしても、フルスピードは拒否理由を開示する義務を負いません。
第3条(会員間取引)
ワーカーは、依頼者の指定する形態によって、会員間取引を履行するものとします。
第4条(本サービスの種類)
1本サービスでは業務内容の性質により、見積募集型、作品募集型、作業承認型という3種類の業務方式を採用しています。
(1)見積募集型
依頼者による条件予算を設定した不特定多数への特定の業務または概括的な業務依頼に対して、不特定多数からの見積もりの回答をもって依頼者が依頼先であるワーカーを選択し、特定のワーカーとの間で会員間取引を成立させる方式。
(2)作品募集型
依頼者による成果報酬額を定めて行う不特定多数への特定の業務依頼に対して、不特定多数からの特定の業務履行報告から一の業務履行ワーカーを選択し、特定のワーカーとの会員間取引を成立させる方式。
(3)作業承認型
依頼者による成果報酬額を定めて行う不特定多数への特定の業務依頼に対して、不特定多数からの特定の業務履行報告から複数の業務履行ワーカーを選択し、複数のワーカーとの会員間取引を成立させる方式。
2前項に定めるそれぞれの方式毎に、受注・発注方法を別に定めるものとします。
第5条(成果報酬の支払い)
1ワーカーは、フルスピードに対して、依頼者からの成果報酬を代理受領する権限を与え、依頼者に直接請求してはならないものとします。
2フルスピードは、依頼者から支払いを受けた成果報酬について、毎月末日に締めて、翌月末日(ただし、当日が銀行の休業日である場合は翌営業日とします。)に、フルスピードが別に定める出金方式のうち、ワーカーが指定した出金方式(以下、「指定出金方式」といいます。)に従ってワーカーが指定する銀行口座に振り込んで支払うものとします。なお、振込手数料は、ワーカーの負担とします。
3フルスピードは、ワーカーに支払うべき成果報酬の金額が指定出金方式の設定金額以下の場合、当該成果報酬は未払い残額として、その次の回の支払期限までその支払いを繰り延べることができるものとします。また、本契約終了時に、成果報酬の未払い残額の合計金額が500円以下の場合、フルスピードは、当該未払い残額相当額を本契約終了事務に係る手数料として領収することができるものとします。
4ワーカーが第2項の指定口座にすることができるのは、会員名義の日本国内の普通預金または当座預金の口座(ゆうちょ銀行の口座を含みます)とします。
5会員がフルスピードに届け出ている指定口座の情報に不備があるときは、フルスピードは、これを調査または確認することを要さず、成果報酬の支払いの遅延について何らの責任も負わないものとします。
6依頼者がフルスピードに対する成果報酬の支払いを行わないときは、フルスピードは、ワーカーに対して支払義務を負いません。
第6条(手数料とオプションサービス料金)
1会員は、本サービスの利用にあたり、会員間取引における成果報酬の金額に応じて、フルスピードに所定の手数料を支払う必要があります。手数料は2,000円、もしくは成果報酬合計の12%の内、高い方を基本とします。但し、別に定めがある場合はその限りではありません。
2会員は、オプションサービス料金をフルスピードに支払うことにより、以下のオプションサービスを受けることが可能です。
(1)「注目オプション」
仕事一覧ページ上に、より目を引く背景色、アイコンを付与します。
(2)「急募オプション」
仕事一覧ページ上に、「急募」アイコンを付与し、より上位に表示します。
(3)「応募作品非公開オプション」
作品募集型において、提出された作品データを非公開にできます。
3会員は、オプションサービス利用申請後、フルスピードが別に定める方法によりオプションサービスの料金を支払います。フルスピードは、会員の料金支払の確認ができた後に、オプションサービスを提供します。
4フルスピードは、支払い済みのオプションサービスの料金について、その理由の如何を問わず、返金しません。会員がオプションサービスの途中キャンセルを希望した場合、サービス自体は停止できますが、お支払い頂いた料金は返金されません。
5会員は、本規約、会員間またはフルスピードが定めた期限を厳守し、これが守られない場合、フルスピードの判断で直ちに会員間取引が終了することを承諾します。
6会員は、業務履行依頼をし、ワーカーが業務に着手した後、当該依頼をキャンセルした場合、成果報酬額の18%相当額のキャンセル料をワーカーに支払うものとします。キャンセル料支払の際にワーカーが複数の場合、ワーカーの人数を基準に均等分配とします。また、第6条第1項に定める手数料をフルスピードに支払うものとします。
7前項にかかわらず、本規約に反する提案のみがなされた依頼をキャンセルする場合には、キャンセル料を支払うことは要しません。この場合、キャンセルを行う依頼者は、フルスピードに対して、提案が規約に違反することを証明する責任を負うものとしますが、規約違反の有無に関する最終的な判断はフルスピードが行います。依頼者及びワーカーは、フルスピードの当該判断を尊重し、これに従うこととします。
第7条(支払方法)
本サービスにかかる料金の支払い方法は別に定めるものとします。
第8条(プライバシーポリシー)
フルスピードは、本サービスの提供によって得られた情報について、フルスピードが別に定めるプライバシーポリシーを厳守するものとします。
第9条(IDとパスワードの管理)
会員は、本サービスに係る自己のIDおよびパスワードを第三者に開示または貸与してはならず、また、第三者に漏洩しないように厳重に管理しなければなりません。会員以外の第三者が会員のIDおよびパスワードを使用して本サービスを利用したときは、フルスピードは、当該利用について、当該会員による利用とみなすことができます。
第10条(会員たる地位の有効期間)
会員たる地位の有効期間は、第2条第2項により会員の地位が付与された日から6ヶ月とし、有効期間満了までに、フルスピードまたは会員のいずれからも更新拒絶の意思表示がなされない限り、自動的に6ヶ月更新されるものとし、その後も同様とします。
第11条(会員による退会)
会員は、フルスピードが開設するTALENT上の「退会ボタン」をクリックすることにより脱会できます。但し、未履行の債務がある場合、その履行債務を免れないものとします。
第12条(担当者との連絡)
1会員とフルスピードの間の連絡事項の伝達は、電子メールまたはTALENT上にて行われるものとし、会員は、フルスピードからの電子メールを常に受信できるようにしておくものとします。
2フルスピードが、会員から届出を受けた連絡用の電子メールアドレスに電子メールを送信したときは、これが到達しない場合であっても、送信時において到達したものとみなします。
第13条(禁止行為)
1会員は、次の各号のいずれかに該当する行為を行ってはなりません。
(1)虚偽、過大情報の掲載
依頼者またはワーカーによる、依頼内容、提案内容、プロフィール、評価コメントなど自ら入力する内容における虚偽または過大な情報の掲載行為。
(2)取引意思のない依頼、提案
実際には発注する意思のない依頼の掲載、実際には受ける意思のない提案など、いたずらや調査目的のための行為。
(3)業務の放棄
依頼者から正式に依頼を受けた業務について、ワーカーが疾病・ケガ、天災など不可抗力における理由なく、その遂行を放棄する行為。
(4)第三者の知的財産権の侵害
第三者の有する特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、営業秘密、氏名権、肖像権、名誉権、プライバシー権その他の権利を侵害する行為。
(5)会員間の直接取引
本サービス上でマッチングした依頼者、ワーカー間において、本サービスを利用せず、直接取引を行う行為。
(6)成果報酬の虚偽申請
本サービス上で契約を行った依頼者、ワーカー間において、確定依頼金額を実際の総計よりも低く設定し、直接取引においてその余剰分を支払う行為。
(7)公序良俗に反する行為
アダルト、出会い系、ギャンブル、マルチ商法等、公序良俗に反した要素を含む行為。
(8)誹謗中傷
依頼や提案の書き込み、評価コメント、また会員同士の連絡時において公序良俗に反し、他会員や第三者に対しての、誹謗中傷や名誉棄損にあたる行為。
(9)会員情報の不正取扱い
会員間で知り得た個人情報を、本サービス利用以外の目的において、本人に無断で第三者に提供を行う行為。
(10)運営の妨害
不必要な問い合わせの繰り返しなど、本サービスの運営に支障を与える行為。
(11)有害なプログラムの送信
会員間のデータ受け渡しにおいて、有害なプログラムを含んだファイルを送信する行為。
(12)なりすまし
他の個人、団体になりすまして会員登録や情報交信を行う行為。
(13)複数登録
一人の会員で複数のアカウントを作成する行為。
(14)勧誘
本サービスにおいて知り得た個人情報を利用し、本人の了解を得ずに行う他サービスや組織への勧誘および商品の販売行為。
(15)反社会的行為
法令違反、犯罪幇助など社会通念に反する要素を含む行為。
(16)フィッシング行為
他の会員に対し、本サービス、または第三者になりすまし情報を引き出す行為。
(17)契約後の内容変更
業務内容の一方的変更、無許可での追加業務等、契約内容に著しく反する行為。
(18)契約不履行
会員間取引成立後、合理的理由のない業務不履行、作業拒否等の行為。
(19)迷惑行為
他会員への執拗なメッセージ、暴言等の嫌がらせ、ストーカー行為。
(20)本サービスの二次利用
本サービス外における、本サービスコンテンツの複製、複写等の二次利用、または本サービスを利用した派生物の作成等、フルスピードが損害を受ける可能性のある行為。
(21)契約期間外の報酬
本サービスの管轄外における出来高報酬、アフィリエイト成果報酬等、契約期間外での報酬の発生、またはこれに準ずる行為。
(22)別サービスへの誘導
本サービスを利用することを前提としない別サービスへの誘導行為。
(23)アカウント情報の公開
第三者へのアカウント情報の公開、またはアカウントの共有等の行為。
(24)アカウント情報の譲渡等
アカウント情報を第三者に利用・譲渡・売買・貸与、その他形態を問わず処分する行為。
(25)前各号の他、フルスピードが不適切と認めた行為
2フルスピードは、前項の禁止行為の存在が疑われる場合、その他相当と認められる場合は、会員に対し事実確認、情報提供を求めることができるものとし、会員はこれに応じるものとします。
第14条(資格)
会員は、次の各号の条件をいずれも満たしていなければなりません。
  • (1)20歳以上であること、もしくは親権者の同意を得た未成年であること。
  • (2)ワーカーは依頼者に業務提供するための十分なスキルを保持していること。
  • (3)フルスピードまたは依頼者に対して開示した情報に偽りがないこと。
  • (4)過去にフルスピードから会員資格を停止させられる、またはいかなる契約の解除もされたことがないこと。
  • (5)過去にフルスピード以外の者(以下、「他事業者」といいます。)の運営するクラウドソーシングを利用する契約について他事業者から解除されたことがないこと。
  • (6)反社会的勢力(暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人)への所属や利用が現在や過去にないこと。反社会的勢力と何らの関係も有していないこと。
第15条(本契約の解除、違約金)
1フルスピードは、会員が次の各号のいずれかに該当したときは、何らの催告なくして会員たる地位を剥奪することができるものとします。なお、会員は、本条の適用により会員たる地位を剥奪された場合、会員間取引における未清算の成果報酬相当額を違約金としてフルスピードに支払うものとします。
  • (1)本規約に違反し、フルスピードより注意喚起等の措置を受けた後も、尚当該行為を行った場合。
  • (2)法令その他の諸規則に違反した場合。
  • (3)会員が前条に定める資格を満たさないことが判明し、または満たさなくなった場合。
2会員たる地位を剥奪された場合、再入会を禁止とします。
3フルスピードは、本規約に反する行為や不正等の有無を監視し、その是正措置を行う裁量と権限を有しているものとします。
第16条(本サービスのメンテナンス)
TALENTのメンテナンスは、定期・不定期を問わず実施されるものとします。
第17条(本サービスの一時停止)
前条のメンテナンスを行う場合、本サービスの稼動するサーバー、ソフトウェア等につき、保守点検、修理、補修等を実施する上で必要がある場合その他フルスピードが必要と認める場合には、フルスピードは、本サービスを一時的に停止することができます。
第18条(本サービスの変更、中止および終了)
1フルスピードは、本サービスの内容の全部もしくは一部を変更または中止することが必要であると認める場合、会員の事前の承諾を得ることなく、本サービスの内容を変更または中止することができます。
2フルスピードは、1ヵ月前に通知することにより本サービスを終了することができます。
第19条(秘密保持)
1会員は、本サービスに関連して知り得た全ての情報について、第三者に公開または漏洩してはならず、本規約の目的以外に利用してはなりません。当該情報には、アカウント管理システムに表示される全ての情報や、他の依頼者から受けた仕事情報およびその中で知り得た情報、フルスピードより送信される電子メールに書かれた全ての情報を含むものとします。
2本条の規定は、会員たる地位が消滅した後も効力を有するものとします。
第20条(第三者の知的財産権)
ワーカーは、フルスピードおよび依頼者に対し、会員間取引上で提供されるコンテンツ(依頼者の広告を除きます。)が、第三者の有する特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、営業秘密、氏名権、肖像権、名誉権、プライバシー権その他の権利を侵害しないことを保証します。会員と第三者との間で紛争が生じたときは、フルスピードは一切の責任を負わないものとし、当該紛争によりフルスピードが損害を被った場合には、フルスピードは、当該紛争の原因を作出した会員に対し、その賠償を請求できるものとします。
第21条(保証の制限)
フルスピードは、本サービスについて、次の各号の事項を保証するものではなく、第18条または第19条に該当する場合を含め、会員は何らの異議を述べず、また、フルスピードは何らの責めも負わないものとします。
  • (1)本サービスが停止することなく、常時運営され続けること。
  • (2)本サービスに欠陥が生じた場合に、常に原状のとおり復元・修復されること。
  • (3)本サービス内にコンピュータウイルスなどの破壊的構成物が存在しないこと。
  • (4)前3号を完全に確保するためのセキュリティ方法を提供すること。
  • (5)会員間取引において、瑕疵担保等いっさいの責任を負うこと。
第22条(責任の限定)
本サービスに関連して会員に損害が発生した場合、フルスピードに帰責事由がないときは、フルスピードは何らの責任も負わず、フルスピードに帰責事由があるときは、フルスピードに故意または重大な過失がある場合を除き、当該帰責事由と関連して成立した当該会員間取引金額相当額をもってフルスピードの会員に対する損害賠償額の上限とします。
第23条(知的所有権およびライセンス)
本サービスにおけるシステムプログラム等の著作権その他本サービスに関連する一切の知的財産権は、フルスピードに帰属するものとします。会員は、フルスピードおよび依頼者の権利を侵害してはならず、本サービスにおけるシステムプログラム、広告素材等について、これを改変してはなりません。
第24条(本規約の変更)
1フルスピードは、本規約の内容を変更することが必要または相当であると認める場合、会員の事前の承諾を得ることなく、本規約の内容を変更することができます。この場合、変更の内容がTALENT上に表示された時点で、変更の効力が発生するものとします。
2会員に著しく不利益な変更の場合、変更後の規約適用1週間前に表示するものとします。
第25条(分離可能性)
本規約のいずれかの条項またはその一部が消費契約法その他の法律等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定および一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。
第26条(準拠法および合意管轄)
本規約は日本法に従って解釈され、本規約に関連してフルスピードと会員との間に紛争が生じた場合は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
  • 【2013年4月30日 施行】
  • 【2013年7月23日 改定】
  • 【2014年2月  6日 改定】